郷熊戦煌ジュグリッター・・・郷土の誇りを一つに集めじゅぐりっと光輝く!

テーランド魔国界

テーランド魔国界

ジュグリッターの敵として悪事を謀る一族。熊本県でもかなり厄介な連中で、悪知恵をはたらかせ特に最近は人吉球磨を拠点としていることが分かっている。この地域の人々からも多くの悪い情報が寄せられている。

ゲーナ(ゲナ子・ミニゲナ)
テーランド魔国界(手下)

ゲーナ

あることないことを言いまくる悪い奴ら。
「○○だそうよ~」と噂話をしたがることから、「ゲーナ」とつけられた。
ちなみに方言で「○○だそうだ」を「○○げーな」という。
発する言葉は「ゲナゲナ」語尾が特徴的である。
このゲーナは複数の存在が確認されているが、中には、最近勢いを増しているオカマの【ゲナ子】やちっちゃい【ミニゲナ】が存在することが現在明らかになっている。






セッカラッシー
テーランド魔国界(中ボス)

セッカラッシー

奥球磨連山の山奥に住むイノシシが、餌を求め山から下りてきたところに、テーランガーと遭遇した為に捕えられ、作られた人造イノシシである。
最近、自分が餌を求めに来たのではなく、子供たちを探して山を下りてきたところに遭遇したことが何となく記憶によみがえってきているが、いまだ記憶が戻らない。田舎者の為、女性と子供と年寄りには少々弱い・・・ミニゲナを見ながら、わが子を思い出していることもあるという噂もある。


ギャンセッカラッシーNEW!
テーランド魔国界(進化系)

ギャンセッカラッシー

テーランガーの魔力により更に凶悪にした、進化版セッカラッシーである。ギャンとは方言で“とっても”とより巨大なものを現す意味でつかわれる。セッカラッシーと比べ、人造的なパワーアップが特徴的な中ボスである。




エグリン2世
テーランド魔国界(中ボス)

エグリン2世

球磨焼酎を飲みすぎた酔っ払いの怪人。魔力の入った焼酎をみんなにふるまうことから要注意な怪人でもある。
酔っ払いすぎてかなりの魔力入りの球磨焼酎を飲み怪人化したとも言われている。
ちなみに人吉球磨地方の方言で酔っ払って説教する人のことを、「えぐりする」と言う。説教までするのでみんなに嫌われる怪人でもある。
しかし戦うと酔拳のような戦い方で結構強い。






将軍テーランガー
テーランド魔国界(将軍)

テーランガー

テーランド魔国界の創始者。腹わたや脳みそがむき出しになっており、接触した人との融合ができるという伝説がある。さまざまな姿に身を変えることが得意で言葉巧みに人を騙し、操り、偽る最強のボスである。
まだまだ謎に包まれている敵である。


まだまだ存在するテーランド魔国界の敵キャラは随時更新!      お楽しみに!

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional